おすすめ家計簿アプリ3選【貯金に必須】

貯金をしなきゃなと思って、家計簿をつけようとはするものの、いつも途中で挫折しちゃうんだよな~。何かいい方法はないかな?
貯金をするために家計簿をつけるのはとても重要なことだね。最近は使いやすいアプリが出ているから、それについて説明していくね!


この記事を読んでわかること

✅上手に貯金するためにまず最初にすべきことがわかる

✅効率的かつ簡単にできる家計簿の付け方がわかる

✅最近の使いやすい家計簿アプリについてわかる

 

1. おすすめの家計簿アプリ3選

 

現在では非常に簡単に家計簿を付けられることをご存じでしたか?

 

科学は進歩しており、「レシートを写メするだけで家計簿に記録してくれる」アプリや、「キャッシュレスで支払うと自動的に家計簿に記録してくれる」アプリがあるのです。

 

私はこの家計簿アプリを使うことで、家計簿を付ける際の面倒くささを最小化しています。

 

以下では、特におすすめな家計簿アプリ3つを紹介していきます。これらのアプリは、先ほど述べました、「レシートを写メすれば家計簿に記録できる」・「キャッシュレスで支払うと自動的に家計簿に記録できる」という2点の機能を兼ね備えています

 

それはすごい!アプリが家計簿を勝手につけてくれるんだね!
そうなんだ。一回これで家計簿をつけたら、もうやみつきになっちゃうよ!



 

①Zaim

「zaim 画像」の画像検索結果

URLはこちら

 

私が最もおすすめするアプリです。

 

私はこのアプリを使って半年ほどになりますが、非常に快適に使えます。基本はキャッシュレスで支払うことで自動的に家計簿を付け、現金のみのお店はレシートを貰って写メを撮ればOKです。

 

有料版と無料版があり、無料版で十分使えます。私は無料版を使っています。

 

無料版でこのクオリティは本当にすごい!

 

②マネーフォワード

「マネーフォワード 画像」の画像検索結果

URLはこちら

 

言わずと知れた家計簿アプリの王様です。知名度ではNo.1なのではないでしょうか。連動できるカードや銀行が多く、デザインもシンプルで見やすいです。

 

ただ、こちらも有料版と無料版が存在し、有料版でないと使えないサービスが多いため、私はマネーフォワードは使っていません。

 

根強い人気があるよ!有料版でも月480円ほどなので、マネーフォワードを使うのも全然ありだね

 

③Dr.Wallet

関連画像

URLはこちら

 

デザインが非常にシンプルで、レシートの読み取り精度が高いという特徴のあるDr.Wallet

 

私は、Zaimを使う前はこちらのアプリを使っていました。デザインはこれら3つのアプリの中では個人的に1番好きです。

 

しかし、他と比べ連動できるカードや銀行、使える機能が少ないのが欠点です。これも有料版と無料版がありますが、無料版で十分使えます

 

これら3つのアプリならどれを使っても間違いないと思います。ぜひ有効活用してみましょう!

 

シンプルでカッコ良いデザイン。レシート読み込みの精度が高いよ!

 

2. お金を管理するところから始まる

 

貯金をしようと思い立ったのなら、まずは家計簿を付けることから始めるのをお勧めします。

 

貯金できる人=お金を管理できる人であることは間違いありません。お金を管理できる人は、家計簿を付けています

 

一方、貯金をしよう!と思って、かたっぱしから節約し始めたり、買いたいものをとにかく我慢し始めたりする人がいます。 

 

でも、自分の身の回りのお金を把握していなかったら、何が効率的に貯金に繋がるかわからないですよね?それに、やみくもに貯金しようと思ってもそれを継続することは難しいでしょう。

 

外食をしすぎているのかもしれませんし、家賃が高すぎるのかもしれませんし、そもそも給料が少なすぎるのかもしれません。個人によって、貯金が出来ていない理由は違うのです。

 

しっかり家計簿を付け、収入と支出を可視化することにより、自分がどこにお金をどう使っているのかが分かるようになります。

 

ここまで当たり前のような話ですが、家計簿をつけるだけでかなり貯金ができるようになるでしょう。

 

うんうん。適当にお金を使っていたら、貯まるものも貯まらないよな
そうなんだ。特にあるだけお金を使ってしまうような人は、ぜひ家計簿を付けてみてほしい!



 

3. アプリに頼らなくても家計簿は付けられる!

 

今回の趣旨はおすすめな家計簿アプリの紹介なのですが、一応アプリを使わなくても継続して家計簿をつけられる方法をお伝えしたいと思います。

 

「家計簿付けてたことは何回かあるんだけど、続かないんだよね~」という人は多いはずです。私も、「家計簿付けるぞ!」と意気込んではいつも3日坊主で終わっていました・・・。ですが、少しのことを変えるだけで、家計簿は継続して付けられるようになります。

 

家計簿を付けることで大事なことは、完璧を求めないことですひとまず以下の点を大切にしてください。

 

  1. 100円以下は10の位を四捨五入して切り捨て
  2. 月一回の集計

 

上記2点を実行してみるだけでも、かなり継続できます。結局家計簿を付けられない原因って、結局面倒くさいってことなんですよね。なので、できるだけ面倒くさい部分は取っ払ってしまいましょう。

 

具体的には、以下の手順で家計簿を付けるシステムを作りましょう。

  1. レシートを項目別に入れておくための箱を10個用意する(同じ大きさのもので統一。おすすめはペットボトルの底の部分を利用)
  2. それぞれの箱に、項目名を付ける(家賃、光熱費、通信費、食材費、外食費、交際費、交通費、服飾費、雑費、その他の10項目)
  3. レシートを貰ったら、それぞれのカテゴリーに入れておく
  4. 月末に一括して集計する 

 

箱を作って項目名を付けておくのが少々めんどくさいですが、一回このシステムを作ってしまえば、あとは快適に家計簿を付けることができるでしょう。

 

気軽に使えるシステム作りが何より大切。これでレシートなども保存できるね!

 

4 . まとめ

いかがでしたでしょうか。これまで、

 

  1. Zaim, MoneyFoward, Dr.Walletが個人的におすすめな家計簿アプリ
  2. 家計簿をつけることでお金を管理でき、貯金もできるようになる
  3. アプリを使わなくても、完璧主義を捨てシステムを作ることで楽に家計簿をつけられる

 

ということをお話ししてきました。

 

ぜひ皆さんも家計簿を付ける重要性を理解し、効率的に家計簿をつけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です