キャッシュレス決済で消費税増税を乗り切ろう!【10月から】

そういえば、2019年10月から消費税が10%に増税されるんだってね。嫌になっちゃうよね~
そう思うのは早いよ!今回は消費税増税とともにキャッシュレス還元というのも施行されるんだ。今からそれを説明していくね!

 

この記事を読んでわかること
✅10月から始まる消費税増税の理由についてわかる
✅消費税増税に伴う、キャッシュレス決済によるポイント還元についてわかる
✅どのキャッシュレス決済を利用するのがよいのかわかる
 
 

1.消費税が8%→10%に変更

 

2019年10月1日より、消費税が8%から10%へ引き上げられる予定です。

 

財務省によると、

特定の者に負担が集中せず、高齢者を含めて国民全員で広く負担する消費税が高齢化社会における社会保障の財源にふさわしい

(財務省『消費税の引き上げの理由』より一部抜粋)

 

という理由で消費税が引き上げられるようです。

 

確かに、少子高齢化により現役世代の負担が増えている現代で、社会保障財源のために所得税や法人税の引き上げを行えば、より現役世代の負担に拍車がかかってしまいます。

 

所得税や法人税と比べて、経済動向に左右されにくく安定した消費税を増税することは現代日本社会にマッチしていると言えます。

 

なるほどなあ。今の日本にはきっと消費税を増やすのが良いんだろうね。
と思いきや、実はそんな単純な話ではないんだよね、、、


 

しかし、過去の歴史を振り返ると、「消費税を増税すると消費の伸びは鈍化する。そして一度鈍化した消費の伸びは元には戻らない」という記録があり、事はそう単純ではないということが分かります。

 

消費税が高くなると、国民の財布の紐が固くなり、消費に歯止めがかかってしまうのです。

 

本当だ!消費税が増えても消費量が減るんじゃ全然意味ないね
そういうこと!


そういった理由があり、本来は2015年10月に消費税が10%に引き上げられるはずだったのですが、安倍首相は2度にわたり増税を延期したのでした。

 

このように、ただ単に消費税を増やしたのでは、同じ過ちを繰り返してしまう可能性が非常に大きいです。したがって、今回政府は「条件付き」の消費税増税を行うことにしたのです。

 

前置きが少し長くなってしまったけど、ここからが本題!

 

様々な条件があるのですが、今回はその中でも目玉である「キャッシュレス決済によるポイント還元」についてお話していきます。

 

2.ここでキャッシュレスを使わなければいつ使うのか?

 

今回のキャッシュレス還元とは、「キャッシュレス決済を利用することで、5%もしくは2%のポイント還元を国から受けることができる」というものです。

 

なぜキャッシュレス決済をするだけで国はこんな大盤振る舞いをしてくれるんだ?
そう思った方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

【まだ間に合う!】キャッシュレスを始めるべき3つの理由

 

とはいえ、ここでもまた条件があり、条件を満たすことでキャッシュレス決済によるポイント還元を受けることができます。その条件とは、

 

  1. 指定された期間内
  2. 指定された上限金額内
  3. 指定された店舗において
  4. 指定されたキャッシュレス決済で支払う

 

というもので、これら4STEPを守ればポイント還元の恩恵を受けることができます。それでは、各STEPを細かく見ていきましょう。

 

STEP1:ポイント還元は9ヶ月間だけ!

 

とても重要なことですが、キャッシュレス決済によるポイント還元は2019年10月から2020年7月までの9ヶ月間だけとなります。

 

政府の狙いとしては、この期間に国民にキャッシュレスを根付かせて、その後も継続的にキャッシュレスを利用してもらおうというものでしょう。

 

 

STEP2:クレジット・デビットカードは月1万5千円までが上限

 

結論から言うと、まだ詳細の上限金額は決まっていません。しかし、クレジットカード・デビットカードの大手各社は、1か月の還元額の上限を1万5千円とする目安の設定に合意しました。(2019年8月1日現在)

 

満額の5%還元が受けられる買い物は月30万円までということで、これは高額商品購入によるポイントの荒稼ぎや不正な転売などを防ぐ狙いがあります。

 

ただし、これらカードの還元上限は1枚当たりとする方向で調整しており、何枚も利用すれば還元額を大きくすることは可能なようです。

 

カード業界に追随し、電子マネーやQRコード決済などの業界もこれに沿って上限を設ける方針です。

今後の動向をチェックしよう!

 

STEP3:ポイント還元率は、5%・2%・還元なしの3種類

 

ポイント還元率 対象店舗 支払方法 実質税率
5% 中小企業や個人が経営する小売、飲食、宿泊など キャッシュレス 5%
2% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーン キャッシュレス 8%
還元なし 上記以外の店舗:大手スーパー、百貨店など キャッシュレス

10%

還元なし すべての店舗 現金 10%

 

上記の表が、対象店舗によるポイント還元を示しています。

 

政府の狙いは、中小企業や個人店に対してポイント還元率を高めることで、キャッシュレス決済導入を促し、「現金のみ」の店をなくしていこうというものです。

 

ですので、元々地力があり、既に豊富なキャッシュレス決済に対応している大手企業に対してはキャッシュレス決済によるポイント還元はありません。

 

「現金のみ」の店がなくなれば、いよいよ現金を持ち歩かなくていい世の中になるね
素晴らしい!

対象の店舗には、経産省が作成されるポスターが提示される予定です。具体的には、

 

上記のようなポスターが対象店舗に掲示されます(イメージ図なので、変更される可能性があります)

 

ここで注意なのですが、以下の商品はポイント還元の対象外となります。

 

換金性が高い 商品券、切手、印紙、プリペイドカードなど
金融商品 投資信託、株式、債券、外国為替など
減税対策済み 住宅、自動車など
非課税 学校、病院、介護施設、居住用マンションなど
その他 風俗店、反社会勢力関連

 

えぇ、キャッシュレスで払ってもポイント還元してくれない商品があるなんて、、、
そもそも消費税がかかっていなかったり、既に減税されていたりするものが含まれるから、そんなに気にすることはないと思うよ!

STEP4:基本どのキャッシュレスでもポイント還元する

 

登録キャッシュレス決済事業者リストは日に日に増加しており、2019年7月5日現在で登録リストは277社に及んでいます。めぼしいキャッシュレス決済はほとんど登録されていると言っていいでしょう。

 

ですので、基本的に「STEP1~3を満たしてキャッシュレスで支払えばポイント還元する」くらいの心持でいいと思います。

 

一応具体的な話をしますと、

クレジットカード VISA, Mastercard, JCB, American Express, Diners Club
電子マネー Suicaなどの交通系IC, nanaco, WAON, 楽天Edy, iD, QUICKPay
QRコード Line Pay, PayPay, 楽天Pay, Origami Pay, d払い, メルペイ
その他 j-Debit, ためとく☆プリペイド, Paidy

 

などはもちろん登録されていますのでご安心ください。詳しくはこちらで登録事業者を確認することができます。

 

キャッシュレス事業者であれば、何としてでもこの国家的プロジェクトに参加しようとするでしょう。ですので、特にSTEP4は気にする必要はありません。

とりあえず何かしらのキャッシュレス決済で支払えばいいってことか。よーし!
そうそう、そういう感じでいいと思うよ!


 

3.どのキャッシュレス決済を使っていくべき?

 

結論から言うと、QRコード決済を積極的に利用すべきです。

 

特にまだQRコード決済を使ったことが無いという方は、PayPay・LINE Pay・楽天Payあたりをインストールして実際に使ってみることをお勧めします。理由は以下の3点です。

 

  1. クレジットカードなどど連携することができ、そもそもの還元率が高い
  2. それぞれの事業者が派手にキャンペーンを行っており、恩恵を受ける機会が他の決済方法に比べ多い
  3. 初期費用がかからないため、中小企業や個人店などに相性が良く、今回のポイント還元の恩恵を大きく受ける可能性が高い

 

少し大げさかもしれませんが、私は、「今回の消費税増税は、QRコード決済を広げるためにある」と思っています。

 

クレジットカードや電子マネーは初期費用が高いため、中小企業や個人店まで浸透しませんでした。そうすると「現金のみ」の店は存続し続け、それが理由でキャッシュレス浸透にも歯止めがかかりました。それを解決するのがQRコード決済なのです。しかも今回は国のお手伝いつきです。

 

実際、10月を待たずしてQRコード決済は導入店舗・利用者共にどんどん増加しています。

 

今でさえこういった状況なのに、10月を過ぎると「QRコードで支払う人」と「現金で支払う人」の差はさらに大きなものになるでしょう。

 

もう一度言いますが、これからはメインの決済方法をQRコード決済にすることをおすすめします。

 

とりあえずQRコード決済で払える店では、QRコード決済で払えばいいってことだね!
その通り!世はQRコード決済時代だよ!

4.まとめ

いかがだったでしょうか。これまで、

 

  1. 2019年10月より条件付きで消費税は8%→10%になる
  2. 4つの条件を満たせば消費税は安くなる
  3. 今回のポイント還元の目玉はQRコード決済

 

ということをお話ししてきました。

 

キャッシュレス決済を利用することが自分のためにもなり、ひいては国のためにもなる時代です。どんどんキャッシュレスな生活にシフトさせていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です