ふるさと納税が本当にお得なワケ【やらなきゃ損!】

知り合いがふるさと納税やってるって言ってたんだけど、なんだそれ???
自分は東京生まれだから、やるとしたら東京に納税するってことなのかな?
わざわざ納税なんて物好きだよな~
まず第一に、ふるさと納税は、自分の出身地以外にも納税ができるよ!あと、納税と言っているけどこれは大変お得な節税方法なんだ。2019年6月に法改正があったんだけど、それも踏まえて説明していくね。

 

この記事を読んでわかること
✅ふるさと納税がどういう仕組みなのかわかる
✅法改正によって変更した点が分かる
✅ふるさと納税がどれほどお得なのかわかる
✅どうやってふるさと納税をするのがお得かわかる
 
 
 

1.ふるさと納税とは

 

ふるさと納税とは、「たった2,000円の負担で、人によっては数万円単位の金券や家電製品、食料品が『合法的に』もらえる」という制度です。

 

!?
ふふふ


ふるさと納税の本来の趣旨は、「ふるさとや応援したい自治体(自分のふるさとに限らない)に寄付して、都市部から地方へ税金を再配分しよう」というものです。

 

しかし、現状としては、「どうやったらふるさと納税で税金を回収できるか」という自治体同士の激しい争いとなっており、高還元率・高換金率の返礼品で集客する構造になってしまっています。

 

あまりに争いが過熱していたため、2019年6月の法改正により以下の2点が変わりました。

  1. 返礼品の還元率(寄付額に対する仕入れ額の割合)は3割までとする
  2. 返礼品は地場産品のみ

 

この法改正に伴い、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4自治体がふるさと納税対象から外れる(これら4つの自治体は1,2を守っていなかったため)という事態にまでなりました。

 

以前であれば、例えば10万円を寄付したら5万円分(還元率50%)のアマゾンギフト券が貰える、ということがありましたが、これからはそういうやり方はできなくなるということです。(上の例では、還元率50%とアマゾンギフト券の部分が違反)

 

2019年6月の法改正によりお得感は減ってしまったものの、自己負担2,000円を超える返礼品が存在する限り、ふるさと納税をするメリットはあると言えるでしょう。

 

まだまだふるさと納税はメリットでしかないよ!

 

2.なぜ・どれくらいふるさと納税はお得なのか

 

「2000円払うだけで数万円の商品が貰えるなんて嘘だろ~」と考える方がいるかもしれません。しかし、これは本当なのです。

 

理由としては、ふるさと納税で払った分が、住民税もしくは住民税と所得税から控除されるからです。現時点ではワンストップ特例制度と確定申告の2パターンがあり、それぞれで控除の内容は少し違いますが、自己負担が2,000円になるという点では同じです。

 

なるほど、そういうカラクリがあるんだね
そうなんだ。それこそ、ふるさと納税が実質2000円で済む理由だね

細かい計算式はありますが、ここでは省略します。ひとまず、

 

  • ワンストップ特例制度:確定申告を必要しない給与所得者であり、かついくつかの条件を満たすと使える制度。確定申告せず寄付金控除が受けられ、全額住民税から控除される
  • 確定申告:ワンストップ特例制度を使えない人は確定申告をする必要がある。住民税と所得税から控除される

 

ということを覚えておけばOKでしょう。

 

では実際にふるさと納税をした時のお金の流れを見ていきましょう。

 

横浜市在住のAさんとBさんが本来納めるべき税額は10万円とします。

  • Aさんは3万円を大阪市にふるさと納税したので、大阪市には3万円、横浜市には7万2,000円(自己負担額2,000円分含む)を納税し、大阪市から9,000円相当(還元率は納税額の3割が上限)の返礼品としてフルーツを貰った。
  • Bさんはふるさと納税しなかったので、横浜市に10万円納税した。

 

Aさんがふるさと納税をすることで、元々横浜市に収めるはずの金額が減っているよ!
そうか、元々住んでいる市に払うための住民税を、一部他の市に払うようにするってことなんだね

とするとつまり、

 

  • Aさん:10万2,000円払うことで9,000円相当の返礼品を受け取ることができ、実質納税額は9万3,000円になる
  • Bさん:納税額は10万円のまま。

 

という結果になります。要するに、上の例だとふるさと納税をすることで7,000円ほど得をするということになります。

 

いかにふるさと納税がお得かということを分かって頂けたと思います。

 

ただし、注意しなければならないのが、「ふるさと納税できる額には上限がある」ということです。上の例の場合で、「ふるさと納税で30万円を納税したら、返礼品は9万円になるはずだから、実質負担額2,000円を考慮しても8万8,000円はお得になるはず!」という理論は通用しない場合があります。上限額は各個人により異なります。

 

上限額は収入や世帯状況によって変化しますが、基本的に収入が高い人ほど上限額も高くなります。(高収入者ほど節税効果が高いということです。)

詳しく計算したい方はこちらをクリック☜『ふるさとチョイス』から転載

 

3.実はさらにお得な2つの理由

 

  1. 返礼品の値段はあくまでその自治体内での値段であり、県外に出てしまえば送料・ブランドなどで値段は上昇する
  2. 多数の自治体の商品をまとめているポータルサイトからふるさと納税を申し込むと、ギフト券やポイントなどが貰える

 

という2点から、ふるさと納税はさらにお得な制度であると言えます。

 

1に関して言えば、例えば魚沼産コシヒカリのなかでもプレミアムといわれる「雪椿」(2kg)の実売価格は送料込みで3,100程度ですが、ふるさと納税ではこれが6000円の寄付で手に入ります。これだと実質の還元率は52%ほどになるわけです。

 

そ、そんなことが・・・

 

2に関して言えば、例えば大手ポータルサイトの『ふるなび』では寄付額3%のアマゾンギフト券が貰えますし、『楽天ふるさと納税』では会員ステージによって寄付額の10%以上のポイント還元が受けれますし、『ANAのふるさと納税』なら最大2.5%のANAマイルが手に入ります。

 

つまり、先ほどの例で話した内容よりも実際はもっとお得になるということです。

 

4.まとめ

 

いかがだったでしょうか。これまで、

 

  1. ふるさと納税とは、たった2,000円の負担で、人によっては数万円単位の金券や家電製品、食料品が『合法的に』もらえる」という制度である。
  2. 住民税もしくは住民税と所得税が控除されるため、実質負担は2,000円になるからお得になる。
  3. ポータルサイトからふるさと納税を申し込むと、更にお得になる。

 

ということをお話ししてきました。ふるさと納税は金銭的な面で「メリットしかない」制度ですので、ぜひ活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です